■プロフィール

塚本和哉

Author:塚本和哉
緩々と適当に毎日を生きてる管理人。
信念は楽しければそれで良し。
ECOのキャラは
源頼朝(1st / 無職)
フリュナ(2nd / 盗賊)
ゆずのは(3rd / 蹈鞴)

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
どんであってめんではない
学食でミニチャーシュー丼を頼んだらチャーシュー麺が出てきました。
おっしいぃぃ~~~けど違うッ! 違うよ、全然ちげえよ。

味? ああ、何で俺があんま学食を利用しないのかを思い出すのに充分な味でした。

ところで気付けば今年授業が月曜火曜の二日しか取ってないと言う。
おかげで友人一同に逢いません。く、さすがになんか寂しいわぁ。
ああ、でも月7はまだ行ってないから分からんのか。かち合わなさそうだが。

以下、適当に↓の第二回でもはっつけて茶を濁してみる。


 第二回 神殺しの料理人

「あーあ、また一人殺っちゃったね、楓」
「殺ってません! まだ生きてます!!」
 まだって何だ、まだって。
「まぁ、生きててもほぼ死んでるに変わりないわよ。花畑はみんな見てると思うわ」
 その通りです。
「棗お姉ちゃんひどい……」
「ひどいのは楓の料理の腕」
 容赦ねえな、姉ちゃん。つーかそんな料理の腕の人に料理作らせるって何考えてるんですかこの店は。
「ううぅぅ……お客様まで……」
「……口に出してた?」
 ゆっくりと身体を起こしながら尋ねると、二人揃ってうん、とうなずいた。うっわ、やっべー。
「でも気にしなくていいわよ。楓の料理の腕が破滅的なのは事実だし」
「ですねぇ」
「納得したっ!? 普通そこはお世辞でも『いえいえ、そんなことはないですよ』とか言うべきじゃないんですかっ!?」
「私は事実を言うことを信念とシテイルノデスヨ?」
「怪しい! 後半部分がモロに怪しいですっ!!」
「僕の信念は事実をキチンと述べることです」
「はっきり言い切られた―――っ!?」
 あ、楓さんという店員さんが沈んだ。うーん、こういうと失礼かも知れんが、かなり楽しい。
「いやー、あんたいい性格してるわねー」
「いえいえ、棗お姉さんには敵いませんよ」
「あたしの名前をしっかり覚えてる辺りもナイスよ」
 動じないと来た。さすがだな、この姉ちゃんは。
「あ、それと棗でいいから」
 凄すぎだぜ、アンタ。
「なら、私も楓でいいです……」
 よろよろと起き上がりつつ楓さん――楓がそんなことを言う。うわぁ、健気だなぁ。あれだけボロクソに言ったのに。
「分かってるなら少しは遠慮してください!」
 いかん、また口に出てた。次からは気をつけよう。
「しかしあんた……って、あんた名前は?」
「雷光のネルソンとおよびください」
「んじゃ雷光のネルソン、あんた楓の料理を食べたのに復活早いわね~」
「そうなんすか? 何せ食べたの初めてですからよく分かりませんよ」
「そう? 周りの奴らはまだ沈んでるじゃない」
 むぅ、そう言われると確かに。てか従業員が客を奴らとか言っていいんですか?
「しかし棗さんや、仮にも飲食店がこんな料理を出していていいのか? 速攻で営業停止になるぞ? いや、営業停止って言うか、客来なくて潰れないか?」
「安心しなさい、ネルちゃん。確かに楓の料理はマズイ! むっちゃくちゃマズイ! 神を殺せるほどマズイ!!」
「そ、そこまでひどくないですっ!!」
「そうでしょう!? ソンっち!!」
「確かに!!」
「納得しないでください~~~~っっ!!!!」
「何を言うの楓っ! この間クーちゃんに捧げた料理を覚えてないのっ!?」
「クーちゃん?」
 思い当たるフシがなかったのか、楓がそんな声を上げる。すると棗さんは無駄に驚いた顔つきになった。
「本当に覚えてないのっ!? この間クーちゃんことクトゥルーに料理を捧げたでしょ? そしたらクーちゃんあまりの不味さに死んでルルイエに戻っちゃったじゃない!」
「死んでません! 第一私クトゥルーなんて邪神に料理捧げてませんっ!!」
 楓が思いっきり叫ぶが、棗さんはあっさりと無視して、
「『ルルイエの館にて死せるクトゥルー待ちいたり』とはよくいったものよね……」
「? どうしてそうなるんですか?」
 僕がそう聞くと、棗さんは真剣そのものの顔で言い切った。
「美味しい料理を待ってるのよ。楓の料理で死んだ我が身を蘇らすほどの」
「そういう解釈の仕方ありですか?」
 て言うかそういう解釈だとクトゥルー倒してる楓って旧神レベルの存在ですか。すげぇ、確かに神を殺せるほどマズイな。料理で邪神を殺したなんて後にも先にもきっと楓だけだろう。
 そんな楓に視線を向け、僕はビッ! と親指を天に向けて立てた。
「楓! キミならにゃー様も怖くないッ!!」
「私はニャルラトホテップ以上なんですかっ!?」
「さあ! 魔を断つ剣となれッ!」
「そんなのは何処かの探偵さんに任せますっ!!」
 意外と突っ込めた楓に乾杯。
「しないで――――――っ!!」


はっちゃけるのって楽しくていいですね(ぇ
スポンサーサイト
未分類 | 21:45:48 | Trackback(1) | Comments(7)
コメント

 反応が薄い方が更新が早いなぁ
 はっ……、もしかして生粋のドM!?

 いや、ごめん、疲れて訳のわかんないこと口走った
 おやすみなさい
2007-04-14 土 00:27:16 | URL | 二月 [編集]
いや、ただ単にこの話だけ第三回までストックがあるからってだけ。
つまりあと一回で終わるー。
2007-04-14 土 12:45:30 | URL | 頼(ry@塚 [編集]
Don't day, may day at night

 記事のタイトルを音で拾っただけという。でもatよりは、またwhatの方が近いか。

>はっちゃけるのって楽しくていいですね(ぇ
 ツッコミを入れる気力がないのが歯がゆいです。

 ……こそこそと自宅を改装、あ、履歴書かいてない。
2007-04-16 月 01:41:18 | URL | 二月 [編集]
>ツッコミを入れる気力がないのが歯がゆいです。
そうだね、俺ってば素がこんな感じだったね。
全然はっちゃけてないね。いやっほう。
2007-04-17 火 23:44:48 | URL | 頼(ry@塚 [編集]
あらー(笑
月火だけでしたか~
私、月曜は休みで火曜は5限がM先生ですよー半期の。
で6限が海外留学にいっちゃった先生が去年持ってた○○史学2ですね。
で7限はM先生演習です~

……メイド喫茶が!(笑

大丈夫。時間みつけていきましょう。
気づけば月曜は大学ないのに。サークルで行くから週5大学っす。

……卒論、ヤバいかなぁ……orz
鉄砲の先生、ワケワカンナカッタス……
2007-04-20 金 00:59:37 | URL | 紗凪 [編集]
木金の7限ならいるから、いつでも来いよwwwww

鉄砲とか凄く時間を無駄にした記憶が……。
2007-04-20 金 13:09:44 | URL | [編集]
なんか紗凪さんはいつも大学に行っていて忙しいイメージがあるなぁ。
あんま頑張りすぎて身体を壊さないでくださいなー。
あと卒論は夏休み終わってからだろ、常識的に考えて……って石井教授が言ってた。

>無記名
一瞬誰かと思ったが鉄砲⇒時間の無駄で誰か把握したwww

あ、紗凪さんに一言。

正直鉄砲はやめとけ、マジで。
俺? 九割出席でも落としましたが何か。
かなり真面目に聞かんと取れん気がするな、あの授業……。
2007-04-21 土 01:18:46 | URL | 頼(ry@塚 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

アイドル 画像 動画 お宝 ハプニング
4月15日スタートのTBSドラマ「冗談じゃない!」に出演する飯島直子(39)。主演は織田裕二と上野樹里。飯島は、惚れっぽい性格でイイ男には目がないというファミレス店長を演じる。私生活でも"イイ男"には目がない彼女、13歳年下の新宿歌舞伎町の元ナンバーワンホス 2007-04-14 Sat 00:17:48 | 飯島直子 愛欲同棲もピリオド? TBSドラマ「冗談じゃない!」のネタバレ・ハプニング集

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。