■プロフィール

塚本和哉

Author:塚本和哉
緩々と適当に毎日を生きてる管理人。
信念は楽しければそれで良し。
ECOのキャラは
源頼朝(1st / 無職)
フリュナ(2nd / 盗賊)
ゆずのは(3rd / 蹈鞴)

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
血は遺伝する
あくる朝、起きてリビングのテーブルを見たらこんなものが。

東京冥土劇場


親父が買ってきてました。
蛙の子は蛙と言いますが、蛙の親は蛙ですね。

血の遺伝というものは事実のようですね(ぇ

スポンサーサイト
未分類 | 15:09:09 | Trackback(0) | Comments(2)
血戦の舞台はかく語りき
凌ぎを削り、熱中症を気合で吹き飛ばし、最小限の水分補給で活動限界をも超え、命を削る。
それが血戦。過分に嘘。

俺は忘れない。
コスとは言え、ドナ○ドとカー○ルおじさんが並びにこやかに写真を撮られていたあの夢のコラボレーションを。
まさにマジック。

俺は気付けなかった。
恐らく二人して冗談半分で↓のコメで握手、とか言っていたはずなのに、本当にsuzu氏と逢おうとは。
が、俺は気付いてなかったので意味は無いorz
どうやら聖戦伝説あるいは不思議と呼ばれる「何故か知人・友人と出逢う」は紛れも無い真実のようだった。

俺は忘れない。
虚空殿が何故か買ってた種の本を見て心の底からツッコンだことを。
「違ぇ! このラクスは違ぇッ!! ラクスって言うのはこんな真面目に可愛らしくいじらしいヒロインじゃなくてもっとこういわゆるデスノートの月みたいな(以下略」
そんな俺の突っ込みに彼はこう言った。
「同人って言うのはその人が頭に思い描くセカイを再現するものさ。きっとその人のラクスは可愛らしく(ry」
正直納得した。

そして別れ際に彼は言う。
「俺はこれから修行だ。またいずれ」
「ああ。次に逢う時は必殺技でも身につけて来い」
「フッ、任せろ」
そう言って彼は消えた。

本当に必殺技を会得しそうで怖い。

未分類 | 11:40:20 | Trackback(0) | Comments(0)
愛なんていらねえよ夏
そして血戦が始まる。

どうでもいいが頭痛い頭orz

未分類 | 21:09:11 | Trackback(0) | Comments(4)
石頭狂想曲
カプリッチオというよりは単に無軌道なだけの気がしますが。
或いは迷走の輪舞曲。同じ間違い(主題)を繰り返しっぱなしとかw

そんな石頭様の素晴らしい画像をご覧あれ。

秘技・透視



さすが反吐だ!後頭部が無くても何とも無いぜ!



今日も空は蒼いです。
ごめん、台風だ。蒼くねえorz

未分類 | 11:46:08 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。